年の数だけ豆を食べるのがだんだんと辛くなる気がします。

2018年2月3日

IMG_0177
こんにちは!苫小牧明野店の三谷です

ひさしぶりのブログ投稿になってしまい申し訳ありませんでした
実はブログ投稿のシステムが変わりパソコン音痴な私、ログインする事もできずに今日までずるずるときてしまいました。。。

ついこないだまで『年末だ!』『正月だ!』などと浮かれておりましたが、気が付けば2月に入っておりました。

そして今日は2月3日『節分

やれ『豆まきだ!』とか『あっちに向かって恵方巻などと世間では言ってはおりますが、私、節分がどういったものかよくわからないまま現在に至る気がします(笑)

皆さんは節分の意味って分かります?『鬼は外、福は内』くらいの知識しか私にはありません(笑)
ちょっと気になったので調べてみました。

節分とは、文字通り季節を分けるという意味があり、春夏秋冬の4つの季節がある日本ではそれぞれの始まりを立春、立夏、立秋、立冬といいます。移り変わる季節の前の日を節分としてこれまた季節ごとに4つあります。
つまり明日2月4日は『立春』冬が明けて春になるのです。なので今日は春の節分。
なぜ節分といえば2月3日だけをイメージしてしまうのかなのですが、それは『立春』が昔の暦では元日であり1年の始まりだったからとのこと。その前日、ようするに『大晦日』にあたるのが本日の『節分』
悪いものを祓い、新しい年に福を呼び込む。
それが豆まきだったり、恵方巻なんですね(´▽`)

ちなみに『立春』を『元日』だと考えたら、年賀状の『迎春』という文字の意味が良く理解できますね♪

明日から春ですが、まだまだ春は遠いようで。。。(^▽^;)
寒い日が続きますので、どうぞご自愛ください。

お問い合わせはこちら
pagetop